名古屋市のトレードマーク

海外旅行に行くときには必ず肌身離さず携帯するパスポートの表紙には、「十六八重表菊」の絵柄が描かれています。

憲法や法律で決められたものではありませんが、習慣的に国章として使われています。

それと同じように地方自治体の市には、市章が定められ、広報誌などには必ず印刷されています。

全国各地の市章には、伝統的なものから斬新なデザインのものまで、様々な意匠が凝らされています。

その中で、名古屋市の市章はユニークなものとなっています。丸の中に“八”の文字が描かれる、極めてシンプルなものです。

1907(明治40)年10月に、制定されました。名古屋港開港、名古屋市制20周年を間近に控え、盛り上がる時期に懸賞つきで一般公募を行いながらも、残念ながらこれという応募がなく、最終的に尾張徳川家の合印を採用することになりました。

江戸時代には尾張徳川家のみが使用できたトレードマークは、時を超え、現在の名古屋市内のバスや電車の中、マンホールの蓋などのいたるところで見られるようになりました。

また、「まるはち」を社名や店名にする企業や店舗も数多くあります。末広がりのおめでたいイメージをもった“八”の文字が、時空を超えて、名古屋市民に親しまれています。